妻がおこなっている貯金について

妻はパートや在宅ワークなどをおこなって自分の家計を助けてくれております。
その収入で子供の養育費や将来に向けての貯金をおこなってくれております。
しかし、妻も私も若干意識にかけてしまうところがあり、今月はここまでといった限度額を超えてしまうことがあり、思うように貯金をすることができなかったことがあります。

それで妻が考案をして、実践をしてるのが、貯金箱です。
それは誰もが思いつくことであり、あまり工夫がないのではと思う人もいるかもしれませんが、妻が購入をしたのは特殊な貯金箱です。約20000円ほどする貯金箱であり、ハンマーなどでもたたき割ることはできません。

開錠をするときは業者にお願いをするしかありません。
そういった専門業者にお願いをして、貯金箱を購入させていただきました。
貯金箱というよりは、金庫といった表現のほうが近いと思います。

ここまでお金と時間をかけて、毎月500円の貯金を適度に行っております。
これではあけるのが、もったいないので、意思が弱い自分たちでも、継続をして貯金を行うことができております。

これが5年前の話しとなります。
現在ではどれくらい貯金ができているかほんとうに楽しみです。